教育研修制度

プロジェクトマネージャー研修

NCSが実施するPMP資格取得のための研修、それが「プロジェクトマネージャー研修」・通称“PM塾”です。一般的に6割の合格率と言われている試験で、常に9割以上の合格率を誇る、その秘けつが、この「PM塾」です。このプログラムでは、外部の研修会社との共同企画で当社社員のためにカスタマイズしたPM理論研修とPMP取得プログラムを受講していただきます。

研修内容

難関資格取得のための研修プログラムですので、研修には丸一日を要します。傾向と対策がまとめられた独自テキストが高合格率の決め手になっています。

  • PM人材としての能力レベルを「高い成果を生み出すPM人材が持つ視点及び行動特性」の測定に基づき把握
  • PMBOKガイドに基づく世界標準のプロジェクトマネジメントの考え方・プロセスを網羅的に習得
  • ケース演習を通じて即時現場で活用できるプロジェクトマネジメントスキルを習得
  • プロジェクトマネジメントスキルを他者との関わりの中で発揮するためのヒューマンスキルを習得

受講対象者イメージ

  • 中堅開発スタッフの内、部門長による推薦を受け、講師による面接で選抜

エンジニアtypeに当社のPM塾の記事が掲載されています。

エンジニアtype

私もNCSの研修を活かしています

SP事業部 SPソリューション部

2004年入社

最初にリーダー層育成研修を受講しました。その後にPM塾をPMPの資格を取るために受講しました。参加した時は中途で入社2年目でした。NCSのPM塾の受講者の合格率はすごく高くて通常受験者の6割程度の合格率らしいのですが、NCSでは9割が合格、私の次の代の方たちは10割、全員が合格していました。