MENU

PowerBuilder

PowerBuilder_トップ2

アプリケーションを高速開発、ローコード開発

PowerBuilderは初期リリースから30年以上もの実績を誇る、アプリケーションの高速開発/ローコード開発を実現する、生産性に優れた統合開発環境(IDE)です。

データベースにアクセスするアプリケーションや、複雑なレイアウトの帳票なども、部品やデータ項目を選択・配置する直感的な操作と最小限のコーディングでスピーディに開発できます。また、OracleやSQLServerなどのネイティブデータベースインターフェイスや、ODBC・JDBC・OLEDBなどを経由する標準的なデータベースインターフェイスも提供されており、多くのDBMSとの接続が可能です。

PowerBuilder IDEだけで開発が完結できるため、高い保守性を維持し継続的なアプリケーションの開発が実現できます。




日本コンピュータシステムは
PowerBuilderの国内総代理店です!



PowerBuilderのメーカーは米Appeon社で、当社は日本の国内総代理店として、製品ライセンスの販売や、テクニカルサポート、開発/マイグレーションなどの各種サービスを提供しています。
生産性の高い開発ツール、ローコード開発ツールをお探しの方や、PowerBuilderの運用保守などでお悩みのある方はぜひお問い合わせください。


主なサービス

製品ライセンス販売

PowerBuilderは現在サブスクリプションライセンスでのご提供となり、日本語版/英語版の両方を取り扱っています。価格表をご確認の上、必要な製品名とエディション・数量をご教示いただけましたら、お見積書をご提示させていただきます。

テクニカルサポート

製品ライセンス契約には含まれていない高度で専門的な技術問い合わせサポートを当社より提供します。Appeon社からリリースされている全てのバージョンやエディション、日本語版/英語版を問わずAppeon製品全般についてお問い合わせが可能です。

開発/マイグレーション

PowerBuilderアプリケーションの開発、マイグレーション(バージョンアップ)作業を承ります。メーカーとの情報連携とテクニカルサポートで蓄積された豊富な情報を基に、より効率的で安定的な提案をいたします。

学習/研修

PowerBuilderの技術者を育てたい、そんなご要望にお応えします。PowerBuilderを一度も使ったことのない方でも安心してPowerBuilderの基本的な機能を学習することができ、実践的な開発方法を習得していただくための研修をご用意しています。


PowerBuilderが選ばれる3つ理由

圧倒的な生産性

PowerBuilder_アイコン1

PowerBuilderはマウス操作のみで画面、帳票のイメージを作成でき、「データウィンドウ」という特許技術により、データ検索/更新に必要なSQL文を自動生成できるため、データベースのデータをさまざまな様式で表現できるアプリケーションをローコードで簡単に開発することができます。

また、主要なデータベースとネイティブで接続することができるため、高レスポンスなアプリケーションの開発が可能です。

アドインの必要もなく、アプリケーション開発に必要な機能は一通り備わっている統合開発環境(IDE)のため、PowerBuilderだけで、開発から配布、運用保守までノンストップで実施することができます。

継続的なロードマップ

PowerBuilder_アイコン2

30年間愛され続けるPowerBuilderは、2016年に独SAPから米Appeonへ製品の開発・販売・保守業務が委託され、現在に至ります。

Appeonは、米国/サンフランシスコ、中国/深圳に拠点を置くソフトウェアメーカーで、ヨーロッパ、アジア、南米の各ローカルパートナーともビジネスを展開しています。また、PowerBuilderに革新的な機能強化をコンスタントに施し、6〜12か月のサイクルで製品を提供することを約束しています。

Appeonは、自社のウェブサイトにて将来的に製品が向かう大きな方向性を明示するだけでなく、最新バージョンでどのような機能追加/強化が施されるのかの具体的な情報も公開しています。


多種多様な業務で活躍

PowerBuilder_アイコン3

PowerBuilderは、全世界で18,000以上の団体でご活用いただいており、日本市場でも1,400以上の団体にご活用いただいています。

PowerBuilderは、金融・製造・流通・放送・出版・自治体など、多種多様な業界で活用されており、その生産性の高さから、法改正への迅速な対応が必要な福祉・介護業界でも重宝されています。

また開発したアプリケーションで利用するランタイムファイルの複製・配布が無償でできるため、パッケージソフトウェアの開発にも多く採用されています。そのため、PowerBuilderで開発されたアプリケーションを利用している団体数は計り知れません。

PowerBuilderの主な特長

これを超えるものなし!『データウィンドウ』

PFB_ウィンドウ画像2

データウィンドウとは、マウス操作のみでSQL文を作成できるPowerBuilder独自のオブジェクトです。接続しているデータベースからデータを取得・表示するまでSQL文を記述せず、GUIで視覚的に操作できます。

データ検索/更新時のSQL文を自動で生成して、データベースのデータをさまざまな様式で表現できます。データ検索時には複数テーブルの結合や選択、検索条件の設定、グループ化やソート、さらにデータベースデータ処理に必要なあらゆる項目が設定でき、検索したデータをExcelやTEXT、CSVなどのデータ形式で出力することもできます。

また、データ更新時には、ユーザー操作により追加/変更されたデータに基づき、データベースを更新するためのUpdate文、Insert文、Delete文を自動生成し、DBMSのLockを意識することなく、データベースへの並行アクセスを実現します。


コピー&ペーストとは違う!『継承』

PFB_ウィンドウ画像3

継承とは、画面やオブジェクトをスピーディに作成できる複製機能です。

継承機能を使用してウィンドウやユーザーオブジェクトを作成すると、継承元のスクリプトやプロパティ、コントロールを継承先に引き継ぐことができるので、同じスクリプトやプロパティコントロールを繰り返し作成する必要がありません。

さらに継承元を変更すると、継承元に加えた変更内容がすべての継承先に反映されます。コピーの場合と異なり、継承先の変更を手作業で行う必要はありません。そのため、変更の時間と労力を軽減することができ、アプリケーションの保守も容易になります。


利便性向上は無限大!『WebAPI連携&開発』

PFB_ウィンドウ画像1

PowerBuilderで開発したアプリケーションから、RestfulWebService(WebAPI)を利用できます。再利用可能なWebAPIを利用すれば、機能を一から作成する必要がないため、開発や修正を簡素化し、コストが削減できます。

また、PowerBuilder 2019以降にバンドルされている「SnapDevelop」を使えばビジネスロジックやCRUD処理をC# WebAPIとして開発できます。

そして、PowerBuilderとSnapDevelopを組み合わせて開発すれば、操作性の高いインターフェイスを備えたクライアントアプリと、ビジネスロジックやCRUD処理をWebAPIとしてサーバー側で稼動させて、HTTP/HTTPS通信で実行するセキュアなデスクトップ・クラウド・アプリケーションが構築できます。



ライセンス購入やマイグレーションに関するご質問・ご相談がありましたら

お気軽にお問い合わせください


PowerBuilderの製品&技術情報の詳細は下記製品ポータルサイトをご参照ください

Page
Top