教育研修制度

Javaプログラミング講座(実践編)

今やシステム開発の主流言語にまで成長したJavaを使いこなせるようになるのが、このJavaプログラム講座(実践編)です。演習では社員情報の検索プログラムという簡易なシステムを作成しますが、不正ログインの防止(セッション管理など)やJavaによる開発のコアとも言えるJSPを使用するなど、かなり実践的に学べる講座になっています。

研修内容

Javaの知識を活用して、社員情報を検索するWebアプリケーションを作成する実践的な研修です。検索だけとはいっても、ログインやログアウト、例外発生時など様々な機能の実装を経験していただきます。
社員情報はデータベースに保存してアプリケーションからのリクエストによりデータを提供するようにします。簡単なデータベースの構築も行います。

  • 社内講師によるグループ型研修
  • 専用テキストによる事前学習
  • Eラーニングによる追加学習が可能

受講対象者イメージ

  • データベース基礎講座履修済みのシステム開発に携わる全ての社員

私もNCSの研修を活かしています

第1事業部 社会インフラソリューション部

2013年入社

研修は自分の力になるだけではなくて、受講した講習に応じて「キャリア開発ポイント」が付与されて、報奨という形で帰ってくるので二重にお得ですよ。