教育研修制度

NCSの社員は、あらゆる場面において能力を発揮できる人物であって欲しいと願います。それは「職業人」として技術的に高度な知識・技能を有しているだけでなく、「社会人」としても周囲から尊敬されるような人物であって欲しいということです。

NCSの教育に対する取り組み

「人間」として、「社会人」として、また「職業人」として成長していくためには、

  • コンセプチュアルスキル
  • ヒューマンスキル
  • テクニカルスキル

の3つのスキル要素を高めていく必要があります。
これらのスキルアップには、自習、自己研鑽だけでは、自ずと限界があります。会社は、社員の役割と成長意欲に沿った学習の機会を提供することが務めであり、そのための制度構築と環境づくりを推進しています。

NCSの教育研修制度紹介メニュー

ご覧になりたい研修名をクリックしてください。

その他の研修制度のご紹介

プレPM研修

プレPM研修は、PM(プロジェクトマネージャ)的思考(理論、メンタル)を学んでいただくことを目的としています。
PMとはどのような業務を行う職種で、業務遂行に必要なコミュニケーション手法がどのようなものかを学ぶ研修です。

その他

SE力向上研修
(業務コミュニケーション研修)

SE 力とは何か?それを習得するためにはどうすればよいのか?
研修の始めに、「SE 力」とは何かを知識としてしっかり理解し、その後演習を繰り返すことで実際に現場でも使えるレベルに到達することを目指します。

その他

NCSホワイトベース

真っ白なキャンパスに絵を描いていく様子をイメージして、NCS の教育制度を「NCS ホワイトベース(NCS White Base)」と名づけています。

NCS ホワイトベースは「キャリアパス」「教育体系」「教育カリキュラム」の3つの要素で組み立てられており、キャリアパスに沿って職種別、階層別の教育体系を整え、実際の教育カリキュラムはEラーニング、社内外の研修などを活用して実施します。

キャリアパス

大きく技術系キャリアパスと、販売・間接系キャリアパスに分かれています。

教育体系

職種による専門性を高めるための「専門教育」と、社会人/職業人として成長するための「共通教育」で構成されています。

カリキュラム

社内集合研修、社外集合研修、社内Eラーニングシステム、これらを組み合わせて教育体系に沿った豊富な教育カリキュラムを用意しています。教育計画は、部門単位、個人単位で立案され、各人別の年間教育は、これらのカリキュラムの中から教育計画に従って実施されます。