MENU

Mapletテンプレート

地図ソリューションのMaplet

Mapletテンプレート

Mapletテンプレートの特徴

ご使用のアプリケーションに、地図ソリューションを簡単に組み込める!

「社内に蓄積された情報を、地図上に表示して管理や分析ができたら楽で便利なんだけど、開発費や地図データなどのコストが心配。効果があるか分からないし・・」と導入をあきらめていませんか?

maplet_疑問
  • 社内のセールスデータを地図上に表示して、管理や分析をしたい。
  • シンプルな地図表現や分析機能を、組み込みたい。
  • コストは少なく、しかも開発は簡単にしたい。
  • 目的に沿ったカスタマイズを、柔軟にできるとうれしい。

そんなご要望に、Mapletテンプレートは、お応えします!

Mapletテンプレートは、GISのプロフェッショナルが、よく使用されるGIS機能を選りすぐり、雛形として用意したテンプレート・ミドルウェアです。お客様のデータをどのように表示するかを定義して、非常にシンプルなAPI(例えば、”グラフ分布を地図に描きなさい”)を呼び出すだけで、お手元のアプリケーションに、コストをかけず、簡単に、グラフ表示などの地図機能を組み込むことができます。

さらに、「使いこなせないような高度なGIS機能は必要ないけど、業務ごとの特化した専用機能は必要だし、分析も柔軟に試してみたい。」という場合でも、利用目的に沿ったカスタマイズや機能拡張が可能ですので、機能やコストが無駄になりにくい地図ソリューションを導入できます。

業務でのニーズに合わせた地図システムの構築には、ぜひ一度、Mapletテンプレートをご検討ください。

maplet_テンプレ

地図のことをよく知らなくても、簡単に組み込めます

Mapletテンプレートには、地図、住所、道路データ、地図定義機能(XML)、地図表示、操作APIなどが事前に用意されています。Mapletテンプレートと社内に蓄積された業務データを組み合わせることで、それらのデータを容易に地図上に表現することができます。

例えば、お手持ちの顧客セールスデータを活かして、グラフやランク階級などを簡単に可視化できるので、すぐに簡易的なエリアマーケティングツールとしてご使用いただけます。

maplet_画像2
管轄エリアごとに契約情報を分析し、グラフで表示した例です。
maplet_画像3
ルート上の契約情報を、検索してピックアップし表示しています。

実際の業務に合わせて、柔軟に、かつ、細やかに機能をカスタマイズして頂くことができます。

主な機能とAPI

Mapletテンプレートのメニュー

maplet_メニュー1
maplet_メニュー2

これらのメニューの機能が標準で利用できます。

地図表示・操作API

maplet_画面1
背景地図はやさしい色合いですので、主題情報が見やすく表示できます。
リアルタイムスクロール・拡縮/縮尺指定/全体表示/暗色表示 などの操作ができます。

ユーザ地図定義機能

maplet_画面2
GUIツールで、お客様DBのテーブルやカラムを指定し、地図表現用の定義を簡単に作成できます。
ランクやグラフ表示の閾値設定も可能です。

ユーザ地図描画API

maplet_画面4
設定した定義(ランク)で分布を地図に表示した例です。
アイコン/ポリライン/ポリゴンの表現が可能です。

ユーザ地図検索API

maplet_画面5
点、線、面、円で指定した範囲内の図形を検索することが可能です。

ルート検索API

maplet_画面7
細街路情報を含んだルート検索が可能です。

アドレスマッチング(ジオコーディング)API

maplet_画面8
住所情報を含んでいるお手持ちのデータに、座標を付与するツールを、標準で提供しています。
マッチングできなかったデータに対しては、地図上で位置を指定することで座標を付与できます。

グラフ表示API

maplet_画面9
シェア/トップ10/項目別の3種類の円グラフ表示機能を、標準で提供しています。
集計範囲は、市区町村、大字、字丁目、ユーザ指定エリアの4種類から選択できます。

住所検索API

maplet_画面10
選択式と、住所文字列あいまい入力式の、2種類の住所検索機能を提供しています。

印刷API

maplet_画面13
印刷設定、印刷プレビュー画面を簡易APIで提供しています。
ヘッダー/フッターの文字情報、方位、凡例の設定が可能です。

図形編集API

maplet_画面14
頂点編集(追加/移動/削除)や図形移動も可能です。

システム構成

maplet_システム画面1

動作環境

MapletテンプレートOSWindows XP(SP3以上)
Windows Vista
Windows 10
Windows Server 2003
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2開発環境Microsoft Visual Studio 2005以降
(.NET Framework 2.0)データベースエンジンSQL Anywhere 11(同梱)

導入事例

ハザードマップのオプションで製品の付加価値が向上

システム名要援護者支援システム
業種福祉サービス

福祉、介護、医療をトータルに支援するソフトウェアを開発し、高齢化する日本を支えるC社。お年寄りなど要援護者をサポートするためのアプリケーションソフトに、マップ表示機能を組み込みました。
その結果、災害に備えたハザードマップを表示することができるようになり、地域の安全を促進するソリューションとして多くの自治体で活躍しています。

導入前の課題

この企業が開発したソフトウェアは、自治体に登録されている要援護者の情報を、地域防災組織や民生委員が閲覧できるシステム。多くの自治体で運用され地域社会を支えています。
開発当初、このシステムは台帳情報のテキストベースで構成されていました。しかし、日本列島で相次ぐ災害を受け、自治体からはハザードマップ機能の要望が日増しに強くなっていました。

導入後の効果

要望を受け、この企業では、システムのオプションとしてマップ機能を付加することを企画。既に稼動しているアプリケーションへの組み込みが容易なMapletテンプレートを採用しました。
機能の追加後は、ハザードマップとしてのインターフェイスを備え、情報が”見える化”されるため、製品の付加価値が向上。利用者である地域コミュニティのメンバーにとっては、危険地域、要援護者の情報、避難経路などを地図ベースで共有しやすく、地域社会の安心や安全を推進するソリューションとして役立っています。

Page
Top