企業ビジョン

「ものづくり日本」を支えているのはわれわれだ

代表取締役社長 犬飼善博

日本コンピュータシステム、社長の犬飼です。
当社にご興味を持っていただき、ありがとうございます。
私は常日頃から、「もの作り日本」を支えて、諸外国との差別化を図っているのは、IT技術ではないかと考えております。
次に来る技術の波は何かと言うことを常に考えているわけですが、「金融を支えているのは銀行ではない、IT企業である」という考えのもと、第四次産業革命と言われているIOT(インターネットで全ての装置が結ばれる)のような技術に積極的に取り組んでおります。
ここで、当社への入社をお考えになられている皆さんに、3つのことをお伝えしたいと思います。

  1. 自分の市場価値を上げる

    入社すると、お客様や同僚から客観的な技術レベルの評価を受けます。IT業界は入社してからも自己研鑽が続く毎日だということを心得てください。

  2. チームワーク

    以前はプログラム開発は個人の技でしたが、現在はシステム開発も大規模化し、50人~100人のチームワークで対応する必要がでています。ですから、協調性やコミュニケーション能力という要素も重要になっています。

  3. ガッツがあること

    プロジェクトによっては、月末、年度末までに成果物をお客様に収めなくてはなりません。時には夜9時や10時ごろまで働くことが必要になることもあります。
    精神的にも、肉知的にもガッツのある人材が求められております。

社長メッセージ

日本コンピュータシステム株式会社

代表取締役社長

犬飼 善博

昭和50年03月
早稲田大学政治経済学部 卒業
昭和50年04月
三菱商事(株) 入社
平成15年09月
岡谷エレクトロニクス㈱常務取締役 就任
平成22年11月
エヌ・デーソフトウェア(株) 入社
平成23年05月
当社 常務取締役 就任
平成23年10月
当社 代表取締役社長 就任(現任)