やりがいレシピ

8

第2事業部
エンタープライズソリューション部

2011年入社

SAP社のCRMパッケージのシステム導入コンサルタントをやっており、現在は電気機器メーカーさんのシステムの運用保守の現場でチームリーダーをやっております。
大学時代からコンピューター関連の勉強をしていたので、前職でソフトウェア会社に入りました。最初はプログラマーとしてプログラム開発を行っていましたが、経験を積んでいくうちに、お客様と折衝して仕様を決めていくようなシステムエンジニアになっていったという経緯です。

前職でも同じようなパッケージソフトを扱う仕事をしていたのですが、そのパッケージを扱っているのが、私ともう1名だけで、凄く細々とした感じでやっていたんですね。そんな時、ある現場でNCSのスタッフと一緒に開発をすることになりました。NCSは比較的に大勢のメンバーが関わっていて、何人かのスタッフと話をしているうちに、「自分も彼らと一緒にチームで仕事ができるのではないか」と思うようになり転職を決めました。

転職して一番感じたのは、NCSにはスタッフが多くいて、切磋琢磨しながら自分を磨いていくことができる環境だということです。さらに、チームリーダーとしても人を育てていけるということで、自分が思い描いていた仕事ができているという実感があります。

私としては今後もスペシャリストとしての道を進んでいきたいと考えています。それには自分のスキルアップも重要なのですが、メンバーとの面談の中で各自のキャリアプランの相談に乗ったり、新しい目標を一緒に考えたり、メンバーの底上げや育成といったところも重要だと思っています。

会社としてもまだまだ発展途上に有ると思うので、様々な分野にチャレンジしていける風土があるのがNCSです。今ある別々のパッケージを融合したり、ノウハウを開発現場に活かせたらイイかなと思っています。

やりがいレシピ

まずは「貪欲な好奇心」です。誰しも、目の前の仕事や自分の仕事の領域については色々調べたり、勉強したりするとは思うんです。ただし、それだけだと成長はないですし、一部の領域でしか活躍できなくなると思うんです。なので、好奇心を持って色々な分野、ITにとどまらず、様々な業界や業種、あるいは趣味の領域でも自ら好奇心をもって、勉強することがやりがいに通じます。
次の「チームワーク」ですが、システム開発は一人ではできません。いろいろな人が集まって一つのシステムを作り上げていきます。また、チーム内には経験が少ないスタッフや新人スタッフもいます。そこではチームワークを保つことが重要で、コミュニケーションがやりがいにつながっています。
最後に「お客様の笑顔」ですが、仕事をしていると楽な開発なんてありません。苦労したプロジェクトでもやり遂げればお客様から「ありがとう」と言ってもらえます。その時のお客様の笑顔がやはり、やりがいになっています。

就活中や転職をお考えの皆さんへ