やりがいレシピ

3

第1事業部
社会インフラソリューション部

2013年入社

前職では運用保守がメインのシステムエンジニアをしていました。そこで、ネットワーク関連のトラブルに遭遇したのをきっかけに、ネットワークに興味を持ち転職を考えました。現在はネットワークエンジニアとして通信キャリアや証券、銀行といった業種のお客様に対し、要望に沿った通信環境を構築するプロジェクトを遂行しています。

私はネットワークエンジニアになるために転職を決意しましたが、未経験でしたのでネットワークエンジニアとして採用していただける会社は、ほぼありませんでした。

そんな中「できなくてもいいから、まずやってみて」といってくれたのがNCSでした。やりたいことをやらせてあげるよ、と言ってもらえて、とてもうれしかったのを覚えています。

入社後も、ネットワーク関連の設計や構築に関するプロジェクトにアサインされ、サポート体制もしっかりしているなと改めて感じました。ドンピシャでやりたかった職種に就けて、夢を叶えることができ、とても満足しています。

これまでに受講した研修について

入社3年目にPM塾を受講し、PMPの資格を取得しました。 NCSのPM塾は合格率が非常に高いのですが、それには秘密があります。ズバリ、「スパルタ!」だからです。(笑) 良くも悪くも、自分に厳しく、勉強していかなければいけないという状況にしてくれます。

NCSは、さまざまな分野のエンジニアをNCS内で手配してプロジェクトを進めていくスタイルを目指しています。 このスタイルにはまとめ役が必要になります。 PM塾で学んだプロジェクト管理の手法が、2~3人に分けられた小さなチームの中でも、どう連携して作業をこなしていくか、それぞれのモチベーションをどうやって上げるか、などを考える上ではすごく役に立っています。

私個人としては次のステップアップに向けて、上級SE研修を受講したいと思っています。 この研修は、実際に構築作業をするとかプログラム書くとかではなく、上流と呼ばれる、お客様から要求を聞いて文章化していく要件定義や、 こういう条件なら実現できますという仕様に落としていく工程を学ぶ研修なので、とても興味があります。

やりがいレシピ

下から順に説明しますね。最初に「早寝早起き」です。デスクワークもけっこう大変です。そこで、ますはリズムを作ってパフォーマンスを出しましょうということです。

次に「サークル活動」です。サークルは、部門やプロジェクトを超えて、NCSスタッフと交流できるのが最大の魅力です。いざ一緒に仕事をすることになった時に、サークルで知り合った人がいると、人となりがわかっている分、連携が取りやすくなります。

「早寝早起き」で自分のパフォーマンスをベストに保ちつつ、「サークル活動」で他のスタッフとのコミュニケーションを取れるようになって、活きてくるのが、一番上の「チームで案件」になります。

私としては、個人がパフォーマンスを出し、他のスタッフとチームとして連携が取れた状態で案件を担当すると、プロジェクトがスムーズに進行し成功裏に終わることが多いように感じます。自分の中でのモチベーションも上がり、「また次の案件も頑張ろう!」というふうにつながっていきますね。

就活中や転職をお考えの皆さんへ