やりがいレシピ

2

第1事業部
金融ソリューション部

2015年入社

今でこそ、金融システムのシステム開発をやっていますが、新卒では信用金庫の窓口の仕事に就きました。なので、金融は全くの畑違いというわけではないのですが。システム開発に興味を持ったのは、その当時、たまたま見せてもらった「BS放送のシステム」がキッカケです。「システム開発、ものづくり」って凄いなと思って、この業界に飛び込みました。そして、最初に携わったのが、財務省のプロジェクトでした。国家予算の数字なども扱うシステムだったのですが、信用金庫の業務をしていたので、違和感なく入っていけました。そこからずっと金融系のシステム開発をしています。最初が信用金庫の窓口業務だったので、一貫しているといえばそうですが(笑)。

金融系のプロジェクトはドキュメントなども「キチッ」としたものを作らないといけないのですが、そういうお堅い感じにも違和感がなかったので、信用金庫での経験が活きているのだと思います。
そういうこともあって、転職の際の第一の条件は金融系の案件が多い企業ということでした。さらに、私は「COBOL」という言語を主に扱っていたのですが、現在は「Java」が主流なので、その研修を受けられる会社を探していました。
NCSに入った決め手は、働いている方々の「人の良さ」ですね。特に面接をしていただいた中で、女性リーダーの存在が大きかったです。話せる女性の上司が居るという安心感が決め手になりました。私も将来の女性リーダーを目指して努力しています。

NCSは好きなことをやらせてもらえます。「自分のやりたいことができているのか、新しくやりたいことが出てきていないか」など、結構細かくヒヤリングしていただけます。また、新しいこともどんどんやらせてもらえ、研修にもどんどん行けと行ってくれます。なので、自分でやりたいことも見えてきてとても楽しいです。

仕事の面では女性だからといって、特別視されたりはありません。ただ、残業した時や飲み会などで遅くなったりした時はとても心配していただけます。

周りには、これからどんどん成長する可能性のあるスタッフが大勢居ます。その中に入って、私もよりスキルアップしていけるように頑張っています。

やりがいレシピ

一つ目は「ビールと日本酒」ですね。本当は「ビールと焼酎」派だったのですが、事業部長が日本酒が大好きで、定例会などの懇親会が日本酒なので、日本酒も好きになりました。
二つ目は「毎日ごはんを作る」です。得意料理はないのですが、ドレッシングを自分で作ったり、かっこ良く言えば「創作料理」で、実際には冷蔵庫にあるもので何でも作るという感じです。
三つ目は「メンバーと会話」です。話す内容は日常の他愛もないことなのですが、その他愛もない会話がものすごく息抜きになっています。

就活中や転職をお考えの皆さんへ