環境への取り組み

Corporate

環境方針

当社は、環境問題を重要な経営課題として認識し、以下の基本方針を定め、「もったいない精神」のもとに環境活動を推進し、もってわが国および地球環境の保全に資するものとします。

  1. 当社は、活動、製品及びサービスの、性質、規模、及び環境影響に適切な環境管理システムを確立し、文書化し、実施し、維持し、継続的に改善します。
  2. 当社は、活動、製品及びサービスのあらゆる環境側面について、汚染を予防するため、次の事項に対して重点的に取り組みます。
    • 省エネルギー、省資源の推進
    • リデュース、リユース、リサイクルの推進
    • 廃棄物の適正処置
    • 環境保全型製品の購入推進
    • 生産性の向上

    これらを実現するために環境目的及び目標を設定し、見直す枠組みを維持します。

  3. 当社は、活動、製品及びサービスに係わる環境関連法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  4. 当社は、環境方針を社員に周知徹底し、環境に対する意識向上に努めるとともに、社外に開示します。

制定 2006年1月
改定 2011年10月
日本コンピュータシステム株式会社
代表取締役社長 犬飼 善博

Fun to Shareキャンペーンへの参加

Fun to Share みんなでシェアして、低炭素社会へ。

低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」は、企業、団体、地域社会、国民一人ひとりが連携し、豊かな低炭素社会づくりに繋がる情報・技術・知恵を共有し、連鎖的に拡げていくことで「ライフスタイルイノベーション」を起していくことを目的としています。弊社はFun to Shareキャンペーンに賛同しています。